↑FXやるならDMM.com証券が最もおすすめです。
スプレッド、手数料は激安!スワップもトップクラスなので管理人も愛用しています!

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

為替とは何か;外国為替

今回は「外国為替」について勉強しましょう。外国為替とは、外貨と自国通貨の交換すること。具体的には、ドルと円、円とマルク、ドルとマルクなど異なる通貨を交換することで、自国通貨が絡まない外国通貨同士の交換も外国為替といいます。

日本の円、アメリカのドル、イギリスのポンド、ドイツのマルク、EUのユーロというように、世界の各国はそれぞれ自国(経済圏)内で流通する通貨を持っています。それらの異なる通貨を交換することを、一般に外国為替と呼びます。通貨の交換は、商品の売買と基本的には同じで、自国通貨(代金)を渡して、外国通貨(商品)を受け取るという感じの理解で良いと思います。

通貨を商品に見立てて、品揃えとしては、ドル、マルク、ポンド、ユーロなどがあると思えばよいでしょう。日本で外国通貨を買う場合には、代金として「円」を支払うということになります。

外国為替相場とは、ドル、ユーロなどの外貨を円で売買することです。夜の全国ニュースなどで読み上げられる「円相場」とは一般的に、ドルと円の交換レートのことを指します。フランスではドルをフランで取引し、ドイツではドルをマルクで取引するわけですから、それぞれをフラン相場、マルク相場と云います。このようにドルに対する自国通貨の交換レートを表示したものが、円相場やマルク相場のことです。

外国為替は経済全般の指標としても大きな意味を持ちますが、特に最近では「外国為替証拠金取引(FX)」を行う場合になくてはならない判断指標として利用されることが多くなってきています。

為替とは何か;約束手形と為替手形

内国為替の代表的なものとして、約束手形と為替手形について勉強しておきましょう。いずれも、現金を伴わない決済方法としては代表的なものです。他にも、小切手決済という方法もありますが、こちらはまたいずれ・・・。

まず「約束手形」の簡単なご説明をしておきましょう。
約束手形とは、手形の作成者である『振出人』が『名宛人』に対し、将来の一定の期日に、手形上の金額を支払うことを約束した証券のことです。業務の上では、支払い期間を先延ばしすることによって、現金が無い場合でも(相手が支払日の延期を承諾してくれれば)、商品をすぐに仕入れることができて便利!って感じです。

この約束手形のキモは「支払日」までに、引落し額の現金が用意されることです。引落し日に決済が出来なければ、「手形不渡り」となり、それを2回繰り返すと「銀行取引停止」の処分を受け、金融機関と当座預金取引・貸出取引が2年間出来なくなり、事実上の倒産となってしまいます。怖いですねぇ~(´Д`;

次に「為替手形」ですが、手形の『振出人』が直接支払うのではなく、売掛債権をもつ取引先、得意先に、売掛金残高から支払ってもらうことを委託した証券です。約束手形は債権者、債務者の二者間取引で使用されるものでしたが、為替手形は三者間の取引関係で使用されます。ちょっと複雑な関係になりますが、ざっくりと説明すると債権と債務を相殺して、決済を行うのが為替手形というと考えていいと思います。

為替とは何か;内国為替と外国為替

今回の為替とは何かの基礎知識は「内国為替」と「外国為替」です。
単純明快ですが、国内の為替の取引のことを内国為替と言い、外国との為替の取引のことを、外国為替と言います。あまりひねりがありませんが、読んで字のごとくです。

しかし、その取引内容は少し意味合いが違ってきています。

内国為替とは、銀行から銀行への振り込みや、手形決済など国内のお金のやり取りのことです。それに対して外国為替とは、海外のネットショップなどからクレジットカードを使って買い物をするような場合に加えて、外国通貨と自国通貨の交換という外貨取引などのことです。

こうした外貨の取引が、最近注目を集めている「FX」と総称される外貨取引にあたります。このFXとは「foreign exchange」の省略で、そのまま訳すと「外国為替」となりますが、現在では「外国為替証拠金取引」のことを単にFXということのほうが多くなってきているようです。この「外国為替証拠金取引」については、いつかまとめてしっかりとご紹介しようと思います。

為替とは、大きく「内国為替」と「外国為替」に分けられるわけですが、内国為替とは為替手形取引、外国為替は外国為替証拠金取引(FX)に代表されるようになってきていると思います。内国為替の手形決済については、今年の年末にも電子化されるそうなので、またいつか詳しくご紹介できたらと思います。

このように為替とは何かといっても為替の世界は案外と多岐に渡っているのですよ~(*・ω・)ノ

為替とは何か;為替の基礎知識

為替とは何かということで、今回は為替の基礎知識から勉強していきましょう。サラリーマンや勤め人の方は、あまり為替と云ってもピンとこないかもしれません。まずは為替とは何かの基本中の基本からご説明していきましょう。

為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金輸送を伴わない決済サービスのことを為替と云います。為替とは、現金を直接送付するリスクを避けるために用いられた決済方法なのです。

ちょっと想像してみてください。
現金輸送には大きなリスクが伴います。距離が遠くなればなるほど、金額が大きくなればなるほど、紛失、強盗、保管他もろもろのリスクが高まってきます。現在でも、現金輸送に関しては、特別の警護をつけて厳重なセキュリティ管理の下行われるのが常です。増してや、江戸時代から近代社会への発展の過程では、大変なリスクを伴う行為が現金輸送だったのです。

そのために、現金輸送を伴わない決済方法が求められ、為替が生まれたというわけです。当然、為替サービスは現金輸送のリスクヘッジだったわけですから、無料ではありません。為替とは、ひとつの金融サービスとして今日まで発展してきたのです。

現在では為替とは、異なる通貨どうしを交換する取引のことを指すことが多いのですが、もともと為替とは、交換する、取り交わすという意味を持ち、ビジネス用語としては「現金移動を伴わず、帳簿上で債権債務関係の決済を行うこと」という意味を含みます。

為替とは何かについて勉強しよう!

100年に1度といわれる大不況を乗り切るためには、自分で自分を守る強い気持ちが大切です。でも自分を守るといっても、何から始めればいいのでしょうか。

勝ち組・負け組と言われますが、この不況の中でも確実に「勝ち組」は存在します。そういった勝ち組に入るためには、何が必要なのでしょうか。

もちろん、何事も運不運はあります。最終的な結果は左右出来ないかもしれませんが、運に任せる前に個人個人が出来ることがあります。それが「勉強」です。不況で収入が減ったという人がいます。仕事がないと嘆く人もたくさんいます。でも、嘆いている時間があったら、勉強すべきです。次のチャンスを掴むためにも、自分の将来に対して投資することが、勉強です。

仕事がないなら、きっと時間はあるはずです。その時間を投資にまわすか、無駄に過ごすかはあなた次第です。当サイトでは、前向きなあなたのために、勉強を強くおすすめします。谷あれば山ありとも言います。谷の今こそ、谷でしか出来ないことをやりましょう。

忙しくなれば、勉強する時間もなくなってしまいます。今こそ勉強を始める良い機会ではありませんか。

こちらで扱う勉強は「為替とは何か」がテーマです。為替は、最近のFX取引ブームで多くの方が注目するキーワードです。しかし、「為替とはなんぞや」ということについてきちんと理解している人はそう多くはない気がします。今こそ、為替とは何かという基本に立ち返って勉強しておきましょう。

« 前ページへ
経済