↑FXやるならDMM.com証券が最もおすすめです。
スプレッド、手数料は激安!スワップもトップクラスなので管理人も愛用しています!

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

為替とは何か;外国為替

今回は「外国為替」について勉強しましょう。外国為替とは、外貨と自国通貨の交換すること。具体的には、ドルと円、円とマルク、ドルとマルクなど異なる通貨を交換することで、自国通貨が絡まない外国通貨同士の交換も外国為替といいます。

日本の円、アメリカのドル、イギリスのポンド、ドイツのマルク、EUのユーロというように、世界の各国はそれぞれ自国(経済圏)内で流通する通貨を持っています。それらの異なる通貨を交換することを、一般に外国為替と呼びます。通貨の交換は、商品の売買と基本的には同じで、自国通貨(代金)を渡して、外国通貨(商品)を受け取るという感じの理解で良いと思います。

通貨を商品に見立てて、品揃えとしては、ドル、マルク、ポンド、ユーロなどがあると思えばよいでしょう。日本で外国通貨を買う場合には、代金として「円」を支払うということになります。

外国為替相場とは、ドル、ユーロなどの外貨を円で売買することです。夜の全国ニュースなどで読み上げられる「円相場」とは一般的に、ドルと円の交換レートのことを指します。フランスではドルをフランで取引し、ドイツではドルをマルクで取引するわけですから、それぞれをフラン相場、マルク相場と云います。このようにドルに対する自国通貨の交換レートを表示したものが、円相場やマルク相場のことです。

外国為替は経済全般の指標としても大きな意味を持ちますが、特に最近では「外国為替証拠金取引(FX)」を行う場合になくてはならない判断指標として利用されることが多くなってきています。

為替とは何か;内国為替と外国為替

今回の為替とは何かの基礎知識は「内国為替」と「外国為替」です。
単純明快ですが、国内の為替の取引のことを内国為替と言い、外国との為替の取引のことを、外国為替と言います。あまりひねりがありませんが、読んで字のごとくです。

しかし、その取引内容は少し意味合いが違ってきています。

内国為替とは、銀行から銀行への振り込みや、手形決済など国内のお金のやり取りのことです。それに対して外国為替とは、海外のネットショップなどからクレジットカードを使って買い物をするような場合に加えて、外国通貨と自国通貨の交換という外貨取引などのことです。

こうした外貨の取引が、最近注目を集めている「FX」と総称される外貨取引にあたります。このFXとは「foreign exchange」の省略で、そのまま訳すと「外国為替」となりますが、現在では「外国為替証拠金取引」のことを単にFXということのほうが多くなってきているようです。この「外国為替証拠金取引」については、いつかまとめてしっかりとご紹介しようと思います。

為替とは、大きく「内国為替」と「外国為替」に分けられるわけですが、内国為替とは為替手形取引、外国為替は外国為替証拠金取引(FX)に代表されるようになってきていると思います。内国為替の手形決済については、今年の年末にも電子化されるそうなので、またいつか詳しくご紹介できたらと思います。

このように為替とは何かといっても為替の世界は案外と多岐に渡っているのですよ~(*・ω・)ノ

経済