↑FXやるならDMM.com証券が最もおすすめです。
スプレッド、手数料は激安!スワップもトップクラスなので管理人も愛用しています!

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FXの気になる言葉「利食いと損切り」

FXについてネットをふらふらと見回っていて気になった言葉について書いていきますね。

今回、気になった言葉は『損切りは早く、利食いは遅く』と『大きく負けないこと』です。
この言葉は素人玄人関係なく念頭に置いておきたい言葉ではないでしょうか。

損切りは損益を確定することで利食いは利益を確定させることですね。
いつ損切りしていつ利食いするかどうかはその人の性格がよく現れるところでしょう。

小心者やせっかちさんはどちらも早めに約定させてしまいたくなったり、反対に欲張りさんはどちらも遅めに決済を伸ばしたくなるのではないでしょうか。
この「損切りは早め利食いは遅め」という言葉は人の心理をよく考えている言葉だと思います。

基本人の心理としては利益は早く確定させようとし、損失は回復するかもしれないともう少し様子を見ようとするものです。
FX初めは特にそうなると思います。

しかし為替取引すべてのポジションで利益を出すことなんて不可能ですよね。
予想が当たることがあればハズレることもあります。

ここで大切なことが「大きく負けないこと」です。
損失は最小限に抑えることができれば、それは成功したとも言えるのではないでしょうか。

大きな利益を得た時よりも、含み損が大きく膨らんでしまったときに結果として小さな損益で済んだ時のほうが嬉しかったりしませんか?
乗り切った感と言いますか達成感のような…これがダメなんですけどね。
そのくらい(?)損切りは重要だということです。

含み損が膨らむ前に損切りしておくように、ということです。

経済