↑FXやるならDMM.com証券が最もおすすめです。
スプレッド、手数料は激安!スワップもトップクラスなので管理人も愛用しています!

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FXの気になる言葉「利食いと損切り」

FXについてネットをふらふらと見回っていて気になった言葉について書いていきますね。

今回、気になった言葉は『損切りは早く、利食いは遅く』と『大きく負けないこと』です。
この言葉は素人玄人関係なく念頭に置いておきたい言葉ではないでしょうか。

損切りは損益を確定することで利食いは利益を確定させることですね。
いつ損切りしていつ利食いするかどうかはその人の性格がよく現れるところでしょう。

小心者やせっかちさんはどちらも早めに約定させてしまいたくなったり、反対に欲張りさんはどちらも遅めに決済を伸ばしたくなるのではないでしょうか。
この「損切りは早め利食いは遅め」という言葉は人の心理をよく考えている言葉だと思います。

基本人の心理としては利益は早く確定させようとし、損失は回復するかもしれないともう少し様子を見ようとするものです。
FX初めは特にそうなると思います。

しかし為替取引すべてのポジションで利益を出すことなんて不可能ですよね。
予想が当たることがあればハズレることもあります。

ここで大切なことが「大きく負けないこと」です。
損失は最小限に抑えることができれば、それは成功したとも言えるのではないでしょうか。

大きな利益を得た時よりも、含み損が大きく膨らんでしまったときに結果として小さな損益で済んだ時のほうが嬉しかったりしませんか?
乗り切った感と言いますか達成感のような…これがダメなんですけどね。
そのくらい(?)損切りは重要だということです。

含み損が膨らむ前に損切りしておくように、ということです。

FXのリスク

今回もFX(外国為替証拠金取引)についてもう少し調べてみます。

最近はFXが簡単に儲かる、とか絶対に損をしない方法、などの言葉を時々見かけます。しかしFXに限らず投資には、必ず儲かる、絶対に損はしないということはないと思います。投資をやる以上はいい話だけに目を向けずに、損失が出るかもしれないというリスクもあることを覚悟しておくべきではないかと思います。

「絶対に損をしない」ではなく「どうすれば、いかに損失を小さく抑えることが出来るのか」というように考える方が良さそうです。このようにリスクを出来るだけ軽減することをリスクヘッジと言うそうです。

では、FXのリスクとは一体どのようなものがあるのでしょうか。FXのリスクは大きく4つに分けることが出来るそうです。それは、価格変動リスク、流動性リスク、システムリスク、信用リスクです。

価格変動リスクとは、為替の価格の変動によって損失が出てしまうリスクのことです。流動性リスクとは取引高が少なく、通貨の売買成立が思うように出来ないリスクのことです。システムリスクとは、インターネットで取引を行う時に、システムに不具合や障害が生じることによって取引が出来なくなってしまうリスクのことです。信用リスクとはFX業者の倒産により預けた証拠金が返金されないかもしれないリスクのことです。

これら以外にもさまざまなリスクがあるようなので、それらを理解した上で取引をすることが大事だと思います。

店頭取引と取引所取引

FX(外国為替証拠金取引)について、もう少しいろいろと調べてみます。

FXの取引の方法には2種類あるそうです。「店頭取引」呼ばれる方法と「取引所取引」と呼ばれる方法です。

「店頭取引」とは「非取引所取引」とも言い、投資家とFX業者とが直接取引をする方法です。もう一つの「取引所取引」とは、投資家がFX業者を間に入れて公的な取引所と取引を行うことです。現在は東京金融取引所が運営する「くりっく365」と、大阪証券取引所が運営する「大証FX」の2つがあります。「くりっく365」は2005年からサービスが開始され、「大証FX」は2009年からサービスが開始されました。「店頭取引」の方が一般的な方法のようです。

「店頭取引」と「取引所取引」にはそれぞれ違いがあります。店頭取引の方が手数料が安く、無料の業者も多いようです。取引所取引は手数料が無料の業者はないようです。またスワップ金利についてですが、店頭取引の場合は売りスワップと買いスワップとでは差額がありますが、取引所取引の場合は売りスワップも買いスワップも同額です。

信頼性という点ではどうでしょうか。取引所取引の業者は厳しい審査を通過した業者だけが登録しているので、倒産の危険性は低いようです。万が一倒産してしまった場合も、預けた証拠金は保護されるようです。

店頭取引にも取引所取引にもそれぞれメリットとデメリットがあるようなので、どちらが自分に合っているのかを見極めて選びましょう。

お見舞い申し上げます

みなさんお久しぶりです。しばらく更新ができませんでしたが、今回東日本を襲った巨大地震についてFXという観点から書いておこうと思い、更新することにしました。
といっても、今この状況で「地震がFXに与える影響・・・」という記事は、もちろん必要だとは思うのですが、ちょっと後回しにしたいと思います。今回は、FX各社の地震に対する対応と、FXをしていた被災者の皆さんに安心してしていただくための記事にしようと思います。
まず、FX各社の今回の巨大地震に対する対応を、簡単にまとめてみました。やはり、各社ともに義捐金を送ったり、支援をしたりしているようです。FXという、お金と密接なものを扱っている会社だけに、各社とも早急に義捐金に対する考えが表明されました。たとえば大和証券は、なんと1億円もの義捐金を「受け入れ態勢が整い次第、被災地に寄付する」と表明しています。大阪証券取引所も、約9千万円の義捐金のほか、1千万円相当の文具を被災地の児童に贈呈することを発表しています。もちろん、会社の規模によって義捐金の金額は変わりますが、金額の多い少ないよりも義捐金を送るという姿勢が有難いものであるというのはいうまでもありません。
他にも、FXをしているのにインターネット環境がなくなってしまった人向けに、例外的に電話注文を受け付けている会社もあります。しばらくFXに関われない、早急に現金が必要だ・・・という方は、まずは自分が利用している会社に電話を入れてみましょう。自分が持っているポジションを、全部売りに出すというのも選択のひとつです。

ファンダメンタルズ分析とJASDAQ

ファンダメンタルズ分析をしてFXの動向を読む!これで意味が分かる人はいますか?昔の自分なら完全に「はっ?」ですね。日本人って簡単な言葉もカタカナにして意味が分かりづらくすることってありますよね。例えるなら。。。・・・例えは次回にしましょう!このファンダメンタルズ分析、分析の部分は切り離して考えるとしてファンダメンタルとはどういったことでしょう。簡単に言ってしまうと経済や金融の基本事項のことです。FXではファンダメンタルズ分析の他にもテクニカル分析があり、そちらはチャートなどから分析することをいいます。テクニカル分析があたるからファンダメンタルズ分析をつかっていない人も多くいるようですが、知っていて損することはありません。ファンダメンタルズ分析を簡単に言ってしまえば経済や金融の動向を見て為替の動きを分析することです。ぜひその言葉だけでも知っておきましょう。

つぎにJASDAQですがこれはもう皆さん知っていると思います。金融商品取引所のことですね。アルファベットで書くから分かりにくいですが、ジャスダックと読みます。新興企業(ベンチャー企業)の上場の場として知られています。新興企業の上場が多いということで、ハイリスク、ハイリターンで投資をされる方も多いようです。これはテクニカル分析だけでは分からないですので、ファンダメンタルズ分析をして投資しないといけませんね。難しい言葉でも何回も使っていれば簡単に覚えられものです!

為替とは何か;円高の影響

最近は円高傾向が続いており、1ドル=80円台半ばをウロウロしている感じですね。
・・・とここまで書いてなんですが、1ドル=120円と1ドル=90円ならどちらが「円高」でしょうか?

答えは、1ドル=90円です。え?そんなの当たり前?

確かに簡単な問題ともいえますが、90円と120円を比べて、90円の方が高いってなんだか違和感ありませんか。もしも、為替相場のことを知らない小学生に聞いたら、きっと120円のほうが高いと答えると思います。今回は「円高」「円安」についてまとめてみましょう。

まず、為替レートの考え方ですが、「1ドル=100円」というのは、1ドル買うのに100円必要ということです。分かりやすくするためにネットビジネスで100ドルの商品を通販で買うと考えると、100ドルの商品を買うために10,000円の代金を支払うケース。これが円高になって、1ドル=90円となった場合には、100ドルの商品を買うために9,000円の代金を支払うことになるのですが、100円の時に比べて1,000円安くなりました。相対的に円の価値が高くなったから、円高というのです。

つまり1ドルが100円から90円に「円高」になるということは、逆にいうと「ドル安」になったということ。

『なぁ~んだたった10円じゃないか』と思うかもしれませんが、100ドルの交換で1,000円の差額が出るのですから、1000万ドルなら1億円、100億ドルなら1000億円(!)の差額が発生することになるのです!!( Д) ゜゜びっくりするような金額ですね。

FXスワップポイントの面でも大きな違いが発生します。

為替とは何か;外国為替市場

さて為替の初心者にもわかりやすい外国為替の基礎ですが、為替とは何かに関連して、「外国為替市場」についてご紹介しておきましょう。外国為替市場はどこにあるのでしょうか。東京証券取引所のように民間会社なのでしょうか。

外国為替の取引を行う場所が、外国為替市場になるわけですが実際に存在するマーケットではありません。外国為替市場は、「取引所取引」ではなく、電話・通信ネットワークを通して取引される「バーチャル・マーケット」です。諸外国に外国為替市場がありますが、特にニューヨーク、ロンドン、東京が三大市場と云われています。

基本的に外国為替の取引を行う取引所があるわけではなく、外国為替のほとんどは、通信機器を通して取引が行われています。通常、通貨は銀行などの金融機関同士が、電話やネットで取引をしており、株式のような取引所取引と区別してインターバンク市場と云われています。このあたりは株初心者にはちょっとイメージしにくいかもしれません。

また、この外国為替市場は諸外国にあるため世界中のどこかで24時間常に開いているのが特徴です。外貨のやり取りなので、世界中のどこかの市場が空いていれば取引が出来るというわけです。月曜の早朝に、ニュージーランドのウェリントン市場が開くと、土曜の朝にアメリカのニューヨーク市場が閉じるまではいつでも取引可能となっています。土曜の朝、ニューヨーク市場が閉じてから、月曜の早朝まではお休みになります。

このことから、仕事で夜遅くなる方でも、自分のペースで取引する事ができるのがFX取引のメリットです。

為替とは何か;外国為替証拠金取引#2

外国為替の基礎として、為替の初心者にもわかりやすい「外国為替証拠金取引(FX)」のご紹介です。為替やFX取引初心者の方に、FX取引の初歩からご説明していきましょう。
fx スワップ???pips???なんて初心者の方にFX用語なんかもこれからどんどんお伝えしえいきますね。

まず、外国為替証拠金取引(FX)をはじめるには、FX業者に口座を開設する必要があります。(まぁ、外国通貨を売り買いするのに、いちいち現金取引をするわけにもいかないですし、そもそも窓口で大量に外国通貨を受け取るのは非現実的ですしね。)

株式投資の場合は証券会社に口座を開設しますが、FXの場合も同様にはFX専業の業者や証券会社、短資会社などのFX取り扱い会社に専用口座を開設します。口座を開設して初めて、外国為替証拠金取引を行うことが出来るようになります。

口座開設に関してはほとんど全ての業者が無料となっており、その後の口座維持管理費についても一部を除いてほとんどの業者が無料となっています。口座開設後、その口座にお金を振り込むとFX取引が即日できるようになるという流れになります。この口座にあるお金が「証拠金」や「保証金」と呼ばれる取引原資になるわけです。

外国為替証拠金取引(FX)の長所は、少ない証拠金(保証金)を担保に、大きな売買が行え、為替差益による大きな収益を得るチャンスがあることです。レバレッジ(てこ)の原理で、証拠金の何倍もの金額の取引が可能なので儲けも大きくなりますが、損失も同様に大きくなるという特徴があります。リスクの高い金融商品といわれるゆえんがココにあります。

為替とは何か;外国為替証拠金取引#1

今回から何回かに分けて、「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」についてご紹介していきます。いきなり外国為替証拠金取引と聞いてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、FX取引と聞いたら、どうでしょうか。最近は株式投資や投資信託などに並んで、投資目的でFX取引を行っていらっしゃる方も少なくないと思います。

外国為替証拠金取引とは、証拠金を外国為替(FX)業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいいます。「FX」は「Foreign eXchange=外国為替の略」に由来しており、海外では「Forex」と呼ばれることが多いようです。外国為替(FX)業者は、商品先物会社、証券会社のほか、FX取引を専業で取り扱う業者も数多くあります。

(*1)『差金決済』
差金決済とは、現金の受け渡しをせずに反対売買の差金のみで決済することです。FXでは、通常の商品を売買する時のように、その都度の金銭の受け渡しは行いません。例えば、最初に1ドル=100円のレートで「100ドル」を10,000円で購入。交換レートが1ドル=110円に変動した後に「100ドル」を売ります。

この取引において、「100ドル」の購入金10,000円の支払いを保留した状態で、レート変更後「100ドル」を売却します。その際、売却金の11,000円を受け取らずに、購入金の10,000円と相殺することで、差額の1,000円だけを受け取るのが差金決済となります。

閑話休題~小切手とは?

これまで為替とは何かというテーマで為替について様々な基礎知識をご紹介してきましたが、今回は少し閑話休題です。為替と同じく現金を伴わない決済サービスのひとつ「小切手」について簡単にご紹介しておきましょう。

小切手は、『名宛人』に対し『振出人』の預貯金口座から券面に表示された金額の支払いを約束する証券のことです。現金の所持に比べて携帯しやすく防犯にも良いとして、法人・個人の支払手段として用いられています。現金を伴わない決済方法である為替取引のひとつです。

しかし、小切手は振り出し後、直ちに支払呈示や譲渡が可能で、現金同様の流動性を持つことから、簿記上は現金と同様の扱いとし、現金預金の区分の勘定科目で処理することになっています。この点が、約束手形や為替手形とは大きく異なった特徴といえます。

小切手は、法人が使用する「事業用小切手」と、個人が使用する「個人小切手」があり、決済の方法が異なります。事業用小切手は、振出人は決済の際に金額の記載と届出印で発行され、個人小切手は、振出人は決済の際に金額の記載とサインで発行されます。個人小切手はハンコがいらないわけですね。

今日、送金や取引決済においては内国為替(郵便振替や振込など)が発達しているため、小切手よりも便利になっています。また一般家庭においては従来からの現金払いや商品券、クレジットカードなどが支払手段として支持されており、小切手の利用は内国為替や手形に比べて多くないのが現状です。

次ページへ »
経済